知っておきたい多汗症の症状と治療法について

汗のかく量が多すぎて、多汗症だと言われる人がいます。
激しい運動をした時や、気温の高い日は体温を調整するために汗をかきますし、緊張や、体調不良など、あせをかく理由はその時の事情にもよります。
ただその汗は留めどがなく大量に出るわけではなく、拭いてしまえば鎮まり、何度か繰り返せばいずれ止まるものです。
ですが、多汗症の人は、足の裏、手のひら、背中、脇の下などに大量の汗をかきます。
汗をかけばその場所は冷たくなりますし、蒸発する時に気化熱を奪いますので、汗の多いところは体が冷たくなってしまうという弊害があります。
その結果として皮膚が炎症したり、他にも喉が渇いたりします。
大量の汗が不都合な状態を引き起こさないようにするには、症状に合わせて対策をとることが重要です。
程度にもよりますが、多汗症は治療対象になることがありますので、改善の見込みがなければ病院で診てもらい、対策を検討することです。
多汗症は精神的ストレスなどメンタル面での異常が原因とも考えられています。
副交感神経の働きが鈍くなっているために汗をかきつづけるということもありますので、心身療法が必要になることもあります。
なぜ多汗症になるのか未だ解明されていないことも多いため、一足飛びに手術や治療をする前に、生活習慣の改善やストレス対策などをしてみることです。
何が原因か不明な点も多いので、自分の多汗症と思われる症状の程度で、治療すべきなのか医師としっかり相談することが大切です。